東京大学大学院医学系研究科 医療倫理学分野・健康増進科学分野
This page is described in Japanese.

医療倫理学分野/健康増進科学分野

医療倫理学分野

 医療倫理学分野では、医療に関わる政策決定や臨床現場での倫理的判断の基礎となる倫理・哲学的理論の研究と教育活動を行なっています。主な研究テーマとしては、医療倫理学総論・歴史、倫理学の諸理論(規範理論とメタ倫理学)、政治理論(正義論)、医療資源の配分、臨床研究や疫学研究における倫理、倫理委員会、インフォームド・コンセント、守秘義務、情報開示、脳死・臓器移植、遺伝子医療、安楽死や人工妊娠中絶の倫理性などがあります。授業では、医療倫理学に関する諸問題を理解するだけにとどまらず、倫理的な考え方を身に付けることを重視しているため、全体講義や文献講読のほか、グループ・ディスカッションや演習などにも重点を置いています。
 なお、生命・医療倫理教育研究センター(UT-CBEL)では、生命・医療倫理学の分野における研究者および医療現場における倫理的助言を行うことができる人材養成を目的に、社会人を対象とする倫理コンサルタントと、学部学生と大学院生を対象とする研究者に分けて、それぞれの人材養成を行っています。詳しくは生命・医療倫理教育研究センター(UT-CBEL)のウェブサイトを参照してください。

研究活動

 医療倫理学分野では、脳死・臓器移植、生殖医療、再生医療といった先端医療をめぐるホットな倫理的問題を検討するだけでなく、臨床現場でのインフォームド・コンセントのあり方、医師患者関係、チーム医療、倫理委員会のあり方などを含め、広く医療や医学研究に関わる倫理的・法的な問題を研究しています。また、医療倫理学は医学、哲学・倫理学、法学、社会学、心理学、宗教学など、さまざまな学問分野が重なり合う分野であるため、学際的なアプローチで研究しています。文献研究とともに、インフォームド・コンセントや倫理委員会のあり方など、国内外での実証研究も行います。
 主な研究テーマとしては、医療倫理学総論・歴史、倫理学の諸理論(規範理論とメタ倫理学)、政治理論(正義論)、医療資源の配分、臨床研究や疫学研究における倫理、倫理委員会、インフォームド・コンセント、守秘義務、情報開示、脳死・臓器移植、遺伝子医療、安楽死や人工妊娠中絶の倫理性などがあります。

健康増進科学分野

 健康増進科学分野では、健康科学全般の中でもとりわけ日常生活における生活習慣と生活習慣病との関係や生活習慣病の予防・健康管理活動に係わる調査・研究活動をしています。

医療倫理学分野/健康増進科学分野の教室年報

 当教室では研究・教育活動についてまとめた教室年報を年度毎に作成しています。